一槍交えるため

ixa W1-32での溶かしあいの備忘録

#5 武器商人は突然に /最上防衛戦

初日は家族サービス、2日目はお仕事がヤバスということで、

がっつり参戦というわけには行かなかったですが、



・・・・・・


終わってみるとなぜか兵が大量にお亡くなりになっとるorz








ぼちぼち本気の合流、防衛がガチになっているのではないでしょうか。

今の仕様ですと、やはり合戦の醍醐味は10合流vs加勢込の溶かしあいでしょうね。


20160110合流①



やはり、仕様変更したとはいえ、まだまだ馬が攻撃の基軸になってますね。

かくいう自分も、ソロ凸のときは兵種考えますが

合流のときは藤堂さん、蒲生さんが馬砲対応してるのと、合流に乗せるために伊達さん使うことが多いので

馬で合流することが圧倒的に多いのが実情です。


これが砲の量産時代に入ると、炮烙だったり、足鉄だったりと、弓や槍兵化がさらに混じってくるんでしょうが・・・・

まだまだ今期の仕様を読み切るのは難しいかなぁ、と思ってます^^;




・・・って

ん???

もう砲の被害報告が出とるwww



まだまだ上級兵の生産でヒィヒィ行ってる自分からしてみたら

ちょっと信じられない光景です・・・・


とか思ってると


20160110合流②


勝ってるけど被害負け><
 
そしてやはり砲受けだとっ!?



・・・・・・これはイカン


ということで、すこしずつ砲を作り始めたのは内緒w

だいぶ生産コスト下がったとはいえ、量産はキツいですね><

騎鉄の研究資源を貯める余力がないよーorz



あとはこんなのもありました。



20160110合流③



痛しっ!><


この方がどういう意図で弓を置いていたのかはわかりませんが、

やはり弓防御も必要かぁ、と思わせられる一幕でした。




攻撃が 馬・弓系が主流に傾いてきているので、自然と防御は槍・馬系が主流になりつつあります。

そんな状況下では、一番無難な攻撃というと、槍攻ということになるんですよね^^;

しかも、弓より攻撃値は高いので火力伸びやすいし、ぶっ壊れスキルも多いですし。


なにより槍馬スキルで統一してる天がいれば、新たに育てる手間もないですしね^^




もちろん、まだまだ馬防をデビューさせられるまで育てきれてない方もいらっしゃるとは思いますし

逆にランカーさんや廃様は完成してるケースが多いのでしょう。


長くなりましたが、何を言いたいかというと

相手の城主レベルや内政状況、報告書を見て、ある程度兵種を予測しながら

最適な兵種で攻める/守る、という戦略性(ジャンケン性とも言う)が求められているんでしょうね。





脳筋スマホサボリーマンには無理だぉ



というわけで、適当に合流にのせてもらって遊んだ一戦でした^^










#5 対最上防衛戦 勝利っ!! 51%-49%





20160110報告書



同盟が筆頭でした。スゲー!! ← 特に貢献してない人w

やっぱ過疎国は辛そうですね・・・


前期所属した佐竹は、絶妙のバランスを保った過疎国だったので、割りと強国でしたが

なかなか ああはならないんでしょうね^^;



さてさて、チャカを100でも200でも作らねばorz

スポンサーサイト

2 Comments

うっちー  

No title

確かに前回の防衛戦では馬が多かったですね。
まあそうそう馬&騎鉄を弓&焙烙には代えられませんよね(^^;)

自分も槍攻が有効だと思ってますが、槍は防衛でも重要だし、足は遅いし、武将の質も馬砲武将よりも劣る、となかなか難しいですW

それでも、龍造寺を始めとする槍弓兼用部隊を育成中なので状況によって使い分けするつもりです♪

2016/01/14 (Thu) 11:26 | EDIT | REPLY |   

大助  

Re: No title

コメントありです^^

> それでも、龍造寺を始めとする槍弓兼用部隊を育成中なので状況によって使い分けするつもりです♪

自分も当初は竜造寺の最後の一枠は奮発して反逆の奏でいいかな、とおもってましたが
どうやら槍攻奇襲(?)をかけるためにも、槍弓対応は必須だなぁと思い直しているところです。

・・・・え?今は槍隊襲撃ですが何か?ww


シル外チャに果たし状書いといたので見といてくださいな^^
数少ない交わる機会なので、お互いに楽しめたらいいなぁと思ってます♪

2016/01/14 (Thu) 17:01 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

Copyright © 2010-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.